あなたの一番大切なものを守れる仕事の仕方と人生を選ぶ

来週から賃貸のお家の手放して、完全ホテル暮らし=ノマド生活になります。

引っ越し作業の合間に漫画を読んじゃう悪い癖が出てしまい・・・

漫画「コウノドリ」を久々に読み返しボロ泣きしておりました。

さて、ちょっとだけ話題が変わります。

私は音声SNSのclubhouseをよく利用しております。

最近は一時期に比べると、休み休みスローペースにやっていますが、それでも私が掲げる「自己犠牲を払わない人を増やしたい!」作家を稼げる選択肢の一つにしたい!」想いを伝え、それを必要としてくださる方と出会うための最適なツールだと思っているので利用しております。

clubhouseの配信時、私は「皆んなマイペースにやれば良くないか?派」です。

zoomと違って、小さな子供さんがいるママがお家の中ででも、お忙しい経営者さんが移動中でも使える気楽さが良いな、と思っているので、お話されるお相手の状況、環境がどのような場合でも余り気になりません。

でも中には、周りが静かな環境で、最適な電波状況で届けるのが当然のマナーだ、とお考えになる方もいらっしゃいます。確かにそのようなお気遣いを持たれている方の配信はとても聴きやすく親切なものですし、それ故に獲得できるファンやビジネスに繋がるチャンスも多いのだろうと想像いたします。

どちらが良い悪いではなく、自分の価値観の押し付けはやめたいな、と言うところです。

私は、子供にとって目の前にいるお母さんが、スマホに夢中な姿ばかりを記憶に残すことは余りさせたく有りません。

私の講座を受けてくださる生徒さんや、一緒にclubhouse配信をして頂く方の中には小さな子供さんがいる方も多いので、無理に話さなくて大丈夫、と必ずお伝えしています。

家族よりも大切な仕事なんてないと考えているからです。

それには理由があります。

私はほんの数年前まで「仕事より大切なものなんて無い」と考えている人間でした。今の考え方と真逆です。

それくらい頑張らないと、私のような無能な人間は誰にも認めてもらえない、と思っていたからです。努力を強いられることを求められて、努力してる人間が偉くて、努力しないと成功は出来なくて、ここで言う成功は事業を大きくすること、でした。

でも私の心の中は、それを全く望んでいませんでした。

フリーランスになったのは自由な働き方をしたかったからだし、社長になりたいと思ったことは一度も有りません。

今でこそ「個人事業主、フリーランス」という単語が職業としての認知度が上がりましたが、15年前の当時は、法人は成功、個人事業主は失敗、という味方をされていました。個人事業主で働き続ける選択肢はダメなことで、法人成りを目指さなければならない空気でした。

だけど、私の心はずっとそれを否定し続けていました。

それでも、周りの目に合わせて努力しておきました。

そんな中、35歳を過ぎて妊娠する機会が複数回ありました。

だけど、妊娠初期に休むことは出来ませんでした。決まっていた出張を断れなかったのです。個人で仕事をする限り、ここで一回断って、自分が売場に入らなくて売上が立たなかったら、もう二度と仕事を頂くことはない、そう考えた時に私は仕事を取りました。

結果、私が自分の子供を人間の形で外の世界に出してあげることは、未だ出来ていません。

今、改めて思うこと。

世間の目を気にして空気を読んだ上で作った見せかけの願望ではなく、私が本当に望むもの、大切にしたいものに目を向けた時に気付いたことがあります。

それが「家族(命)より大切な仕事なんて無い」でした。

だから私はこれからも、その人にとって本当に大切なものを選んで、その人が笑って生きられる毎日をサポートする仕事を重ねて行きます。

私が自分の本当の願望に気がついて自己犠牲を払わなくなった方法を、過去の私と同じような状況にいる方に使って頂きたく、新しいサポートを作りました。一緒に学べる方をモニターさんとして募集しております。

↑画像タップしてご覧ください

今の私は、毎日ちっちゃく幸せです。

学びを経て幸せのハードルがガクン、と下がり、ちっちゃい幸せに気付きやすくなったからですね。

今までは幸せで無いこと、ネガティブな事象を多く感じていましたかもしれません。よく考えたら、20代のうちから自分の名前でお仕事を頂ける奇跡を凡人がやって生き延びてこれただけで、相当幸せだったのです。勿体無い時間の使い方をしました。ここから巻き返せばオッケー!てことで。

優しい世界を作って行きましょう。意地悪な人に我慢するのも、終わりにしましょう。

一緒に脳トレワークで学び進める方との御縁を、楽しみにしています。

苦手を大好き!に変えられた。私が営業職が好きな理由。

ポップアップでの帽子販売

今日はお休み。この数日の感情がワチャワチャだったので、脳みその整理整頓を。

なぜ今のお仕事、つまり営業の講師と代行をしてるんだろう?と、改めて向き合ってみました。

元々は売ることの罪悪感が強くて、数字にも弱くて、営業が苦手でした。

でも、自分で自分を養うことが子供の頃からずっと人生の目標だったから、営業力を身につけるために、必死で努力しました。その結果、営業が大好きな仕事になって好きだから得意にもなって教えられる立場にまでなりました。

「嫌ならすぐ辞めちゃおう!」と堂々と発信しても咎められない、今の時代には合わないやり方かもしれませんが、私はどの業界でも「石の上に3年」をやったからこそ苦手・大嫌いを得意・大好き!に変えられました。

「嫌なら辞めちゃえ」で、逃げていたら得意にも大好きにもなれなかった仕事。

それが営業職です。

その努力の仕方は、時代遅れのやり方であることは分かってるし、そして本当に辛かったので、皆もやれなんて言いません。でも私のその経験は、誰にも奪えない宝物になりました。

良いアイディアや商品があるのに、営業が不得意な故に広まらない人達の売上をアゲたくて。講師として売上の上げ方を伝えたり、自分自身が営業として働いたりするのが好きなんだよなぁ、としみじみ思いました。

私は残念ながら自分自身では、ぶっちぎりに優れた商品やサービスを生みだすことが出来ない人です。

でも、既存の商品やサービスで自分がとびきり気に入ったものを、決して安売りせずにお勧めさせて頂いて、売り上げることは出来ます。そして、その行動が大好きです!

だから、私が提供させて頂いている「営業力アップ」の講座は、私がセレクトショップをやっていた時に扱いたいと思うような作家様に受講して頂きたいし、営業代行も私がイケてる!と思ったものじゃないと売りたくありません。

私のこの数日のモヤモヤはこれだったんだな、と気付きました。

「ハンドメイド作家さん、誰でもウェルカム」なんて、言わなくていい。

私が15年間守ってきた「作家を稼げる選択肢のひとつにしたい」には「私が尊敬する大好きな方」という枕詞が隠れています。素人だらけのハンドメイド業界で、プロを育てて行きたいのです。

かつてセレクトショップ時代に、私から見て良さが分からないものは、扱いませんでした。義理で置いたとしても、絶対に売れない。だって、接客する気が起こらない。自分が良いと思ったものだけを売りたくて独立したのに、意味がない。

セレクトショップから営業サポートになっても、その精神で良かったんです。

それで私は地方でぶっちぎりの結果(売上)を出して来たのだから。それが全ての答えなんです。

私の営業には良くも悪くも心が乗ってしまう。でも、それで良いし、それが良い。

今日導き出した自分自身への答えは、それでした。

明日からまた楽しく働けそうです!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

性質に優越も善悪もない

マイナス思考は悪くてプラス思考は良い。
(ポジティブマウント合戦)

恋愛で悩んでるのは付き合ってる相手が悪いから、今すぐ別れなさい。
(その相手に会ったこともないし、別れたところで誰も紹介出来ないけどね!)

実績もないのに独立なんて出来るわけないでしょ
(いつまでも出来ない仲間でいようよ〜)

()が相手の真意だとしたら?

どれも読んでいて悲しくなりませんか。

もし。

あなたの本質を知ろうともせず、勝手なアドバイスを押し付けて来る人がいたら、それは親切なのではなく相手の心が不健康なだけ。

お恥ずかしい話かつて私にも、そんな不健康な心を持った時期がありました。

今でも油断したら引っ張られそうになる位だから、人をコントロールしたくなる気持ちは分かなくもありません。

だけど。

本当に優しい人は物事の表面だけを見て、あなたが傷つくような言葉を傷つくような言い方では言わないのです。

自分の信じたものを真っ直ぐ見て下さい。

そして心地よい方を選ぶこと。

私も現在、毎日訓練し周りにシェアしている方法です。

あなたとあなたに関わる全ての人にとって、優しい世界が広がりますように。