苦手を大好き!に変えられた。私が営業職が好きな理由。

ポップアップでの帽子販売

今日はお休み。この数日の感情がワチャワチャだったので、脳みその整理整頓を。

なぜ今のお仕事、つまり営業の講師と代行をしてるんだろう?と、改めて向き合ってみました。

元々は売ることの罪悪感が強くて、数字にも弱くて、営業が苦手でした。

でも、自分で自分を養うことが子供の頃からずっと人生の目標だったから、営業力を身につけるために、必死で努力しました。その結果、営業が大好きな仕事になって好きだから得意にもなって教えられる立場にまでなりました。

「嫌ならすぐ辞めちゃおう!」と堂々と発信しても咎められない、今の時代には合わないやり方かもしれませんが、私はどの業界でも「石の上に3年」をやったからこそ苦手・大嫌いを得意・大好き!に変えられました。

「嫌なら辞めちゃえ」で、逃げていたら得意にも大好きにもなれなかった仕事。

それが営業職です。

その努力の仕方は、時代遅れのやり方であることは分かってるし、そして本当に辛かったので、皆もやれなんて言いません。でも私のその経験は、誰にも奪えない宝物になりました。

良いアイディアや商品があるのに、営業が不得意な故に広まらない人達の売上をアゲたくて。講師として売上の上げ方を伝えたり、自分自身が営業として働いたりするのが好きなんだよなぁ、としみじみ思いました。

私は残念ながら自分自身では、ぶっちぎりに優れた商品やサービスを生みだすことが出来ない人です。

でも、既存の商品やサービスで自分がとびきり気に入ったものを、決して安売りせずにお勧めさせて頂いて、売り上げることは出来ます。そして、その行動が大好きです!

だから、私が提供させて頂いている「営業力アップ」の講座は、私がセレクトショップをやっていた時に扱いたいと思うような作家様に受講して頂きたいし、営業代行も私がイケてる!と思ったものじゃないと売りたくありません。

私のこの数日のモヤモヤはこれだったんだな、と気付きました。

「ハンドメイド作家さん、誰でもウェルカム」なんて、言わなくていい。

私が15年間守ってきた「作家を稼げる選択肢のひとつにしたい」には「私が尊敬する大好きな方」という枕詞が隠れています。素人だらけのハンドメイド業界で、プロを育てて行きたいのです。

かつてセレクトショップ時代に、私から見て良さが分からないものは、扱いませんでした。義理で置いたとしても、絶対に売れない。だって、接客する気が起こらない。自分が良いと思ったものだけを売りたくて独立したのに、意味がない。

セレクトショップから営業サポートになっても、その精神で良かったんです。

それで私は地方でぶっちぎりの結果(売上)を出して来たのだから。それが全ての答えなんです。

私の営業には良くも悪くも心が乗ってしまう。でも、それで良いし、それが良い。

今日導き出した自分自身への答えは、それでした。

明日からまた楽しく働けそうです!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。

売りつけない営業

営業と言うと、とにかく売って売って売りまくるイメージ(ある意味正しい)ですが「売らない余裕」を見せることは大切です。

帽子のセレクトショップをやっていた時のお話です。

作家商品なので、自分のショップに入ってくるのは一点か色違い、サイズ違いでせいぜい数点。それを一週間程度のポップアップショップ(期間限定販売)で売って行きます。

帽子の値段は安くても1万円ほど。必需品でない物、ましてや今まで帽子を被ったことない方が出すには勇気のいる金額です。それは百貨店のお客様であっても同じです。買っても被らなかったらただのゴミ。

自分のお店で売る商品は、デザインも縫製技術などのクオリティはもちろん、それを作る作家さんの人柄も好きだなぁ、だからたくさん売って差し上げたいなぁ、という方達の物を選ばせて頂いてお仕事していました。

そういう想いがあると、その場しのぎで売れても被らない=ゴミにしてはならない、と強く思うのです。

それに私が入る売場は地方都市が多かったので、1人のお客様がリピーターにならなかった場合の損失も大きいのです。

だから、買って頂いても使わなくてなるだろうと思う帽子は、絶対に売らないようにしていました。時にはお値段が安い方を勧める時もあります。

そのスタイルで販売して行くと、帽子を被ったことのないお客様でも必ず被れるようになるのです。

そして数ヶ月後同じ場所で出店した時に「周りの人から褒められた!帽子が好きになった」と教えに来て下さいます。そして、以前にはチャレンジ出来なかった個性的な帽子をお求めになられます。もちろんお似合いになる物を。

当店のポップアップショップ売上のうち、リピーター様比率は平均65〜70%です。常設店舗でないのにこの確率を出していました。

商売は自分が育ててるように見えるけど、実はお客様が育てて下さる部分が本当に大きい。

今日は帽子売りのお仕事で例を出しましたが、別の営業職の例もまた今度お伝えしますね。

月3,000円の自己投資

オンラインサロン始めました。

否、少し前からあったのです。

でもそこは、私の個別継続講座を修了した生徒様で希望者の方が入られる、アフターフォローの場でした。

今日は、お試し感覚で1ヶ月間、オンラインサロンをお使い頂くお話です。

私のサロンの名前は「キッチュナ・オンラインサロン」。

由来などご興味ある方は、ページ下部の同名リンクからお読みになられて下さいね。

実は入口商品としてのオンラインサロンをやる事は、正直とても気乗りしませんでした。

だって一講座3万円で手厚いフォローが付いた個別講座があって、それ受講してる間はオンラインサロンをお試しで同時進行で使えるのです。そっちの方が結果も早く出るし、結果的にコスパ良いと分かってるんです。生徒さんにとってコスパ良い=私にとってコスパ悪い、ですけど。高額でも優しい方をお勧めしたかったのですよ、私は。

でも、ある時気づいたのです。

ハンドメイド作家の人やクリエイターの人は、お金と時間をかけてビジネスを学ばなければならないとも分かっていない人が殆どなのです。その中で月3,000円自己投資出来るって、すごい事ではないか!と思えるようになりました。

結局、尊敬し合える方がメンバーになって欲しいのです。

先日もメンバーさん同士のzoomお話会で新たなビジネスが生まれそうになったり、現時点の問題を即効クリアした人もいたり、見ていて嬉しいことがたくさん有ります。私自身もメンバーとして勉強させて頂いてる気持ちです。

一緒にワクワク学べる人を増やして、日本女性が稼げる選択肢を増やせるよう、チャレンジしてみますね。

月収3万が30万になったら?

お家で出来る仕事として今やすっかり定着したハンドメイド作家という仕事。

それ、本当に仕事として成り立っていますか?

お金をかけて学んだ技術で勇んで出店したイベント会場で

「こんなの私にも出来る」と言われたり、

頑張って考えたデザインをSNSに載せたら盗用されて何も言えなかったり、

友達だから安くしてと言われてずっと値上げ出来なかったり、

時間とお金を費やして行う労働の対価として

見合っている売上とお給料が結果として残せていますか?

誰にも真似できないあなただけの揺るがないブランドを作り、然るべき価格で販売する。

それは夢の話ではなく、私が15年間<作る×売る>仕事をする中で実際に行って来たことです。

毎月5万円未満のあなたの売上が、定期的に30万円出せるようになったら、一番始めに何がしたいですか?

家族と外食に行く?

子供にプレゼント?

行ってみたかった場所に週末旅行?

欲しかったお洋服を買う?

今の時代なら投資に回すのも良いですね。

お金を稼ぐことは全てではありませんが、お金があることによって手に入れられる満足はあります。

何よりあなた自身が認めてもらえたように感じませんか。

自分で作った物でお金を頂くって、そういう事です。

極端かもしれませんが、一円でもお金を頂いたら、もうプロなのです。

お金を稼ぐから、いつも買って頂くお客様にノベルティのプレゼントが出来るんです。

いつも応援してくれるお友達や家族にお土産が買えるんです。

お金を稼ぐと言うことは、人様にハッピーのお裾分けを出来る機会が増えると言うことです。

そしてあなたと同じように困っている人がいた時に、手助けが出来る自分になれるということです。

ハンドメイド作家やクリエイターという活動が、自分自身を養う仕事のひとつになるために。

私の経験と実績に基づいて全力でサポートいたします。

↓月収30万over目指したい方のみ下記リンクをクリック

/https://peraichi.com/landing_pages/view/nacosato