値上げが自分だけでなく、お客様の価値も上げる理由

開設してから今までのブログ投稿内容は、過去に書いた別ブログやFacebook投稿からの引用、そしてInstagramの追記だったりしておりましたが、今日は初出しの内容を書いてみます!

緊張するけど、ワクワクします。

皆さんは自分が取り組む仕事の中で「気が乗らない仕事」は存在しますか?

私はフリーランス歴が10年以上になります。基本的には自分がやりたい仕事・やりがいの感じる仕事・興味がある業種にしか現在は携わっていないのですが、その中でも気が乗らない作業は存在します。

いや、「していました」

さっきまで。

何故解決したかは最後までお読み頂けると判明します。長くなりますが、ご興味ある方はお読み頂けたら嬉しいです。

私にとって苦手な作業。

それはLINEやメールでのやり取りと資料作成でした。

私は、営業力と売上upをお手伝いするために「売りつけない営業」を教える営業講師という仕事を9ヶ月前からやらせて頂いております。その中の個別サポートプログラム(継続講座)では、毎回受講者様にオリジナルの資料をお渡ししています。だいたい40~50ページ位の内容です。

受講者様ごとに毎回ゼロから作成するわけではなくベースは作っているので、それをアレンジする形でお一人ずつにお渡しします。ベースがあるため資料作成の作業時間は1時間〜1時間半程度で仕上がります。

資料は受講日の5日前くらいにzoomのご案内と合わせてメールでお送りします。

どうにも、この作業が苦手で。

パワポで資料作るセンスが皆無だからだろうなあ、と思っていました。

メールやLINEも、セレクトショップ時代からいかに取り扱い作家さんとのやり取りを最小限にするかに頭を使い、メール対応はアルバイトスタッフに対応してもらっていた時期もある位の苦手度合いでした。私がめんどくさがりだからだろうなあ、と思っていました。

ところが。

今日になって突然資料作成がノリに乗って出来ました。メールもすんなり送れました。

たまたま調子が良かったのでしょうか?

答えはNOです。理由は他にある、と気付いたのです。

何故なら私は、契約している取引先の方との仕事のLINEやメールでのやり取り、お買い物して頂く顧客様とのやり取りは全く苦では無いのです。

会社員時代から、オリジナルのマニュアル作成なんかも頼まれてもいないのに、せっせと作るようなタイプです。

では何故ハンドメイド作家の方とのやり取りだけが、こんなに苦手だったのか。

大変失礼な話なのですが、私は作家の方がビジネスマナーを知らない方が多いことが原因だ、とずっと思っていました。私を気遣って下さったり、フォローして下さるような作家様とのやり取りは苦ではなかったからです。

でも、そうでは無かったと気づきました。

京都で泊まったホテルでリモートワーク

原因は、私がハンドメイド作家の方との仕事の時だけ、自分の利益度外視の自己犠牲を払うレベルでの、ほとんど儲けが取れない仕事の仕方を15年以上して来たからだと気付きました。

儲からないから、余計な仕事を増やしたくなかったのです。

儲からないから、ハンドメイド作家の方とは必要以上に関わりたくなかったのです。

儲けなくしようとしていたのは、私でした。

「作家を稼げる仕事に育てあげたい」という想いが強過ぎて、私が儲けなければ皆んなが儲かるから、それが良いことだとずっと思い込んでいました。15年間も!!

確かに一理ありますが、長く継続することを考えると難しくなります。だって儲かってないから。自分で言ってしまいますが、売るスキルはあるので売れていないのではなく、売っても売っても儲からない仕組みになっていました。作家の方と仕事をするなんてそんなもんだろう、と諦め、作家業界以外で売上を作り、そのお金を新たな作家ビジネスに使う、という自転車操業を繰り返していました。

当然体力には無理があり、出張先で救急搬送され、妊娠初期の出張も断ることが出来ず、流産してしまうことも何度かありました。

私が自分の価値を低く見積り、販売手数料を低くしか取らず、講座を安くしか売らなかったせいで、仕事にもプライベートにも悪影響が出ていました。パートナーとはいつもお金のことで喧嘩になりました。そのため私にとってハンドメイド作家さんという存在は助けたいものではなく、遠ざけたいものになりかけていました。

モヤモヤしながらも、もっとハッピーに毎日を生きたい、人生を諦めたくない、と願っていた私は、色んな方の話を聞いたり勉強したり、目の前のことにとにかく取り組む中で、急に視界がパーっと晴れるようなきっかけが遂に訪れました。

とある先生の単発コンサルでお話しさせて頂いた際に「なこさんが今まで売った一番高い商品は何ですか?」と聞かれました。

私が「平均客単価30万円の無形商材を45万で売ったことです。」と答えたところ

「じゃあ30万円の商品が売れる方法を30万円で教えたら。」と言われたのです。

その時、私は「確かに!!」と急に納得出来ました。

実は今までも、色んな方から「講座の内容となこさんのスキルに対して料金が安すぎる。30〜40万円の講座を作った方が良い」と何度も言って頂いておりました。その度に「ハンドメイド作家の方にその金額は出せませんよ。(よく考えたら超失礼)」と伝えていましたが、それは言い訳であって、私自身が自分にその価値があると思えていなかったからです。

同時に私は松竹梅(高い・中くらい・安い)で値段設定していても、梅の価格帯よりも松の価格帯の方が販売数が多くなってしまうことも思い出しました。

私は人口30万人程度の地方都市出身です。しかも経済的に豊かな方の割合が少なく、百貨店でも平気で値切る市民性の地域で、売らなければならない立場で働いて来ました。人が少ない、お金を持っていないことを理由に出来ない地域で、売らなければならなかったのです。

恐らく私がSNSフォロワー数1,000人以下でも単価数万円以上のサービスが売れる理由は、人が少ないから売れない、という概念が無いからでした。

こうして自分の能力に急に納得が行った私は、今まで提供していた価格帯が自分の能力に対して安すぎるという自覚を持てたことで、この度堂々と値上げに踏み切ることが出来ました。

30万円を売り上げる方法を教えるんだから、30万円は頂けて当たり前。

高額商品を売ってきた経験から「無職の人にこの値段は出せるわけない」という決めつけが一番良くないことを知っていたはずなのに、それと同じようなことを理由にして、自分の自信の無さを隠そうとしていた私は本当に愚かでした。

そんな状態で人様に少なからずお金を頂いて営業を教えるなんて、図々しいにもほどがある。

見合う価値の対価を堂々と頂いて、出し惜しみせずにスキルをシェアすることが受講者様のためになるのです。

現行の講座は30万円には及びませんが(ご安心下さいね)、それでも以前より値上げをさせて頂いたことで、資料作成もLINEやメールのやり取りも私の労働力に見合う対価を頂いている、という認識が出来、気分良く一所懸命に取り組めるようになりました。

もし、あなたが少しでも自己犠牲を払っていると感じたり、せっかく売れても「あーあ」と思うような気持ちがあるなら、それは値段が安すぎることが原因かもしれません。

私が提供する「個別サポートプログラム」ではあなたが作るサービスに見合った価格設定から売上目標を達成するまでの道筋を一緒に考え、目標達成への最短距離を伴走します。

私も、こうして堂々と値上げに踏み切りました。だからあなたの価値に見合った価格設定も、今後益々自信を持ってお伝え出来ます。

ご興味ある方は、下の画像をクリックして詳細をご覧下さいませ。

お申し込みもそちらからして頂けます。

長文を最後までお読みくださり、ありがとうございます!

ハンドメイド作家がブランド化するには

ブランディングって「自分の価値をお客様に正しく伝えること」と、しみじみ感じております。

私の営業力up講座を受けて下さるハンドメイドの作家様は、販売実績のある方が殆どで、更なる目標を達成するために、必要な値上げに踏み切れるようサポートをさせて頂いてます。

ハンドメイド業界の相場に合わせた価格設定をされている謙虚な方が多いのですが、ビジネスを学んでいない状態で販売を始める方が大半のハンドメイド業界の相場に合わせていたら、やる気に満ち溢れた方までもずっと儲からないわけです。

素人の値段のつけ方には根拠がなく、プロの値段のつけ方には根拠があります。

更にプロの接客が加わることで商品価値が高まります。

プロの接客とは、営業職の人の真似をしなさいと言うことでは有りません。そもそも真似できません。笑

作家の方のプロの接客とは「どんな想いで、どんな拘りを持ってものづくりに取り組んでいるかを、お客様に丁寧にお伝えすること」です。

この要素が全部加わって伝わった時、値上げに踏切ってもお客様は納得して着いて来て下さいます。

それがブランディングだと、私は認識しています。

私自身は作ることは素人に毛が生えた程度のレベルだと自覚しています。

でも売ることはプロです。

売ることに関して10年以上の時間と、500万円ほど自分のお給料を投じてでも取り扱い作家様に稼いでもらうことに集中し、実績をあげて来たからこそ、プロだと自分で言い切れます。

ただし己の給料を500万注ぎ込むのは本当にアホなので勧めません。そんなことしなくても売れるように導きますので安心して下さいね。

そんな私ですが、作家商品の価値を見出し、価値に見合った金額で販売するスキルを持っています。

それを受講者様には、出し惜しみすることなく、余すところなくシェアしています。だから受講頂いたら売上が伸びて当然です。

プロ作家になりたい方は、どうぞ私を頼って下さい。

これは「なんじゃそりゃ」って話なんですが、私は自分がやってる「売りつけない営業」の自分の接客が好き過ぎてインスタやブログの投稿を何度も読んでしまうし、音声配信も何回も聴いてしまいます。

個別サポートプログラム受講者様がもっと増えたら、その方達の商品を扱うセレクトショップを「kittyuna-キッチュナ-第2シーズン」としてやろうと思っています。

だって全員の方が、とびきり私好みの素敵な商品を作ってるんですもの。

そしてセレクトショップで独立したい人に営業力を伝授して、その人を店長にして運営してもらえば良いですよね。

これからも自分も受講者様もワクワクしながら売上をアッパーにして行けるよう、精進いたします。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございます!

売りつけない営業

営業と言うと、とにかく売って売って売りまくるイメージ(ある意味正しい)ですが「売らない余裕」を見せることは大切です。

帽子のセレクトショップをやっていた時のお話です。

作家商品なので、自分のショップに入ってくるのは一点か色違い、サイズ違いでせいぜい数点。それを一週間程度のポップアップショップ(期間限定販売)で売って行きます。

帽子の値段は安くても1万円ほど。必需品でない物、ましてや今まで帽子を被ったことない方が出すには勇気のいる金額です。それは百貨店のお客様であっても同じです。買っても被らなかったらただのゴミ。

自分のお店で売る商品は、デザインも縫製技術などのクオリティはもちろん、それを作る作家さんの人柄も好きだなぁ、だからたくさん売って差し上げたいなぁ、という方達の物を選ばせて頂いてお仕事していました。

そういう想いがあると、その場しのぎで売れても被らない=ゴミにしてはならない、と強く思うのです。

それに私が入る売場は地方都市が多かったので、1人のお客様がリピーターにならなかった場合の損失も大きいのです。

だから、買って頂いても使わなくてなるだろうと思う帽子は、絶対に売らないようにしていました。時にはお値段が安い方を勧める時もあります。

そのスタイルで販売して行くと、帽子を被ったことのないお客様でも必ず被れるようになるのです。

そして数ヶ月後同じ場所で出店した時に「周りの人から褒められた!帽子が好きになった」と教えに来て下さいます。そして、以前にはチャレンジ出来なかった個性的な帽子をお求めになられます。もちろんお似合いになる物を。

当店のポップアップショップ売上のうち、リピーター様比率は平均65〜70%です。常設店舗でないのにこの確率を出していました。

商売は自分が育ててるように見えるけど、実はお客様が育てて下さる部分が本当に大きい。

今日は帽子売りのお仕事で例を出しましたが、別の営業職の例もまた今度お伝えしますね。

お金の話を堂々としよう

突然ですが、私はお金の話をするのを恥ずかしいと思っていません。

何故ならお金の話を堂々とすると、経営に関する良い情報がたくさん集まって来るのを知ってるから!

・作家をビジネスにしたいけど何からやれば良いのか分からない

・フリーランスで仕事してるけど金勘定がザルでどうしましょう

みたいな悩みを持ってる人や、単に私の金回りのぶっちゃけトークを聞きたいだけの人はぜひ読んでみて下さいね。

そんな私ですが、仕事をして来た中でずっと持ち続けている信念があります。

女性が稼げる選択肢を増やしたい!

naco講師

さらには、稼げる選択肢のひとつに「ハンドメイド作家」をぶち込みたい。と考えています。

今でこそ作家=ハンドメイドの人という認知が広まりましたが、私が趣味でモノづくりを始めた頃は、作家=小説家目指してるの?っていう認知でした。

今ではすっかりメジャーになったハンドメイド作家という単語ですが、これを本当にビジネスとして成り立たせられてるくらいにお金を稼げてる人は、全作家人口の1割にも満たないとかなんとか。

じゃあどうやって食べてるの?って言ったら、養ってくれる家族が他にいて、そこまで稼がなくても生きていけるって人が多い印象です。

でも私はそうじゃなくて、作家が活動ではなく仕事、つまり本当の職業=ビジネスとして成り立つことが大前提として関わってきました。

だから最初から自分で路面店に出店することから始めたり、営業スキルを上げるためにドス黒い会社で営業職として正社員で働いたり、その会社で完全歩合の業務委託社員に変えてもらって自営業で作家仕事を復活させてパラレルキャリアで働いたり、百貨店さんにクリエイター企画を持ち込んで月の半分が出張になる生活をしたり・・・

画像4
画像4

とにかく作家を稼げる職業の一つに成長させるために出来る事は片っ端からやりました。

何でそんなことするの?養ってくれる人見つけて趣味で好きな仕事出来る方がいいじゃん!て人は、それはそれで素敵なことだと思います。

でも何で私が作家=稼ぐ手段に拘るかと言うと、

その方が自分にとって幸せの選択肢が増えるから。

稼ぐ覚悟を持って働いていると、同じような覚悟を持って仕事している人達とお話出来る機会が多くなります。つまり社長さんとか企業のお偉いさんとか。自分より年齢も立場も上の方から経験談を聞かせて頂けるのは、どんなビジネス書を読むより面白いし勉強になります。ビジネス書も面白いけどね!

趣味でやってる作家さんもたくさんいるけど。ひとつ此処で言わせて下さい。

お客様からお金1円でも頂いたら、それは立派な仕事!!

偉そうなこと書いてますが、今思えば私も最初の3年くらいナメ腐った仕事の仕方をしていました。あれは仕事と言えません。活動。趣味。当時お世話になったりご迷惑をおかけした人達には脳天が地球の反対側まで届くほどに深い土下座をお届けしたいし、当時からお買い物して頂いたりお客様や、お取引して頂いている企業様には何がそんなに良かったのかお伺いしたい。(今度聞いてみよ)

だから余計に思うのです。

本気で稼ぎに行くと作家仕事はこんなに面白い!!

ってことを。

そんな暑苦しい情熱を持ちつつ、作家さんの営業思考を作ってから売上アップまでサポートさせて頂いております。

興味持って下さった方に楽しい記事を届けられるよう、チャレンジします!

月収3万が30万になったら?

お家で出来る仕事として今やすっかり定着したハンドメイド作家という仕事。

それ、本当に仕事として成り立っていますか?

お金をかけて学んだ技術で勇んで出店したイベント会場で

「こんなの私にも出来る」と言われたり、

頑張って考えたデザインをSNSに載せたら盗用されて何も言えなかったり、

友達だから安くしてと言われてずっと値上げ出来なかったり、

時間とお金を費やして行う労働の対価として

見合っている売上とお給料が結果として残せていますか?

誰にも真似できないあなただけの揺るがないブランドを作り、然るべき価格で販売する。

それは夢の話ではなく、私が15年間<作る×売る>仕事をする中で実際に行って来たことです。

毎月5万円未満のあなたの売上が、定期的に30万円出せるようになったら、一番始めに何がしたいですか?

家族と外食に行く?

子供にプレゼント?

行ってみたかった場所に週末旅行?

欲しかったお洋服を買う?

今の時代なら投資に回すのも良いですね。

お金を稼ぐことは全てではありませんが、お金があることによって手に入れられる満足はあります。

何よりあなた自身が認めてもらえたように感じませんか。

自分で作った物でお金を頂くって、そういう事です。

極端かもしれませんが、一円でもお金を頂いたら、もうプロなのです。

お金を稼ぐから、いつも買って頂くお客様にノベルティのプレゼントが出来るんです。

いつも応援してくれるお友達や家族にお土産が買えるんです。

お金を稼ぐと言うことは、人様にハッピーのお裾分けを出来る機会が増えると言うことです。

そしてあなたと同じように困っている人がいた時に、手助けが出来る自分になれるということです。

ハンドメイド作家やクリエイターという活動が、自分自身を養う仕事のひとつになるために。

私の経験と実績に基づいて全力でサポートいたします。

↓月収30万over目指したい方のみ下記リンクをクリック

/https://peraichi.com/landing_pages/view/nacosato